夫は胃がんにかかり手術を受け、後遺症や合併症もあったので、2ヶ月半も入院をしていました。

お金があったら個室と言うのがベストだとは思ったのですが、一日15,000円も上乗せした料金を支払うことができず六人部屋の病棟になりました。

夫は長い入院生活で色々とストレスを抱えていたのですが、相部屋で入院してくる他の患者さんのマナーなどが気になるところがたくさんあったようで、共同生活と言えるような環境にストレスを抱えていました。

いびきがうるさい人、他の人のお見舞い客の声で起こされること、セクハラをする患者さんなどにストレスを感じていて、色々と不満を言っていました。

夫は結果的にアイマスクとヘッドフォンをして、耳からの刺激、目からの刺激をシャットアウトして休養をとるようにしていた時期もありました。

夫の病室でがんという人は少数で、盲腸の人もいましたし、数日で退院していく人も多かったです。

ほとんどが自分よりも年上の人で自分よりも軽い病気の人というところが、ストレスになったようでした。

夫のような周りからストレスを受けやすい人は、やはり個室向けなのかなと感じました。

PR|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|JALカード|女性向けエステ.com|GetMoney|生命保険の選び方|初値予想|生命保険の口コミ.COM|ショッピングカート|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|